トップページ > 院長からの挨拶

院長からの挨拶

二代目 医院長の鳥居裕一朗です。

 昭和41年、この地に初代院長が診療所を設立、現院長が継承し診療しています。

 生まれ育った藤井寺でホームドクター(かかりつけ医)として、地域に密着した医療を基本理念に 内科全般・小児科・在宅医療を中心に診療しています。また、生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、メタボリックシンドローム)などの生活指導・治療も行っております。小児科は、普段の子供の状態から風邪・下痢等の病気まで気軽にご相談下さい。

 かかりつけ医として、普段からの状態、ご家族の健康状態を把握することで、必要な検査を、特殊な検査を 地域の関連病院や大学病院にスムーズに紹介します。 
 当院における、検査は患者さんに楽な検査を目指しています。これまで苦痛とされてきた胃カメラ検査には、経鼻内視鏡を用い、飲み込むのではなく スーと入る内視鏡検査(胃癌などの早期発見)を採用しています。(内視鏡専門医が行います)

 また、最新超音波装置にて腹部(胆石や脂肪肝)、心臓、頚動脈(動脈硬化) の検査や、甲状腺(甲状腺がんの早期発見)などの検査(超音波専門医が行います)を実施しています。

 鳥居医院院長  鳥居裕一朗

院長のプロフィール

鳥居 裕一朗の経歴
・昭和37年、藤井寺市に生まれる。
・昭和62年、大阪市立大学第3内科 入局、消化管・肝臓疾患の研究に従事。
・大阪市大附属病院にて、内視鏡・超音波検査に従事し、専門医取得。
・関連病因にて、内科全般・小児科診療に従事。
所属学会・専門医
・日本内科学会・内科認定医
・日本消化器内視鏡学会・内視鏡専門医
・日本超音波医学会・超音波専門医
・日本消化器病学会
・日本循環器学会
・日本東洋医学会(漢方)
・日本内科学会認定産業医
・日本抗加齢学会・日本抗加齢専門医

ページトップへ