トップページ > プラセンタ療法について

プラセンタ療法

いろいろなプラセンタ療法。

プラセンタは様々な作用を持っています。ここではその主なものを紹介しましょう
自律神経調整作用:自律神経のバランスを整える
内分泌調整作用:ホルモンの調整
免疫賦活作用:免疫力の強化、働きを正常化する
基礎代謝向上作用:基礎代謝を活発にし、細胞の働きを高める
抗炎症作用:炎症を抑える
強肝、解毒作用:肝臓の働きの強化
活性酸素除去作用:活性酸素による酸化を防ぐ
血行促進作用:血液循環の改善

どんな病気に効くの?
アレルギー疾患 :アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症
婦人科病 :更年期障害・乳汁分泌不全症・生理痛
肝臓病 :慢性肝炎・肝硬変
精神疾患 :うつ病・自律神経失調症
整形外科疾患 :肩こり・腰痛・ひざ痛
自分にとって最適な療法を利用しましょう。!!
注射を用いるプラセンタ療法は医療機関でのみ行える治療法です。通常は、注射療法の方が即効性に優れ、効果が高いと言われているようです。
日本では現在、プラセンタを原料とした注射剤、内服剤、サプリメント剤、化粧品などが実用化されています。注射の苦手な方には内服剤やサプリメントの利用を、美容のために手軽に化粧品を利用するのもいいでしょう。
当院では、どのような形態の利用にも可能な限りお手伝いをさせていただきます。
プラセンタの安全性は?
感染症は大丈夫?
プラセンタの注射液はヒトの胎盤から抽出したエキスを原料に製造されていますが、肝炎やエイズなどのウイルス感染がないことが証明されている国内の健康な女性から提供されるものを使用しているため、そのような心配はありません。
副作用の心配は?
プラセンタ注射液は、50年以上も医療の現場で使用され続けてきているにもかかわらず、これまで重大な副反応は報告されていません。
注射部位が痛かったり、腫れたりすることがありますが、1から2日で自然に消失しています。

ページトップへ